有明の王

(注)本ダーリンにはショッキングな画像が含まれております。

心臓が弱い方は軽く心臓を叩いて準備してください。

 

また「私は綺麗なものだけ見ていたいんだもん!」というメルヘンの国から来た方はそっとこのページを閉じてメルヘンの国にお帰りください。出来るなら私も連れて行ってください。

 

 

この前のエイリアンの名前ですが、ワラスボという魚です。

 

 

(以下ショッキングな画像あり)

 

心臓を軽く叩きましたか?

 

 

 

 

 

 

がおーー

 

びっくりしましたか?これが乾く前のワラスボですよいよい。

こやつは有明海に住む魚です。

 

有明の海はこんな凄かさかながおるたい!凄かろう?行ってみたかろう?

前の乾いた干物の写真は研究室の忘年会で出てきたワラスボ。

お味は淡白でした。見た目よりクセはない。

人間でも見た目は個性的でも意外と喋ってみると普通って人いるでしょ?あれです。

これって結構がっかりされることが多いらしいんだけど、本人にとっては良い迷惑ですよね。

 

んで、一方逆に見た目は普通なのに中身モンスターって人、これは一番怖い!

 

大学の同期でとっても温厚そうな子がいて、当時携帯電話だったからアドレス交換したの、そしたら名前がミスターキチガイって登録されていて衝撃を受けたよね。

えっ?と思ったけど、怖いからずっと聞けずにいました。だいたい自分から自分は変人だって言ってる人で私が満足する変人の人っていないの。私の知り合いなんか、濃硫酸の威力確かめるために自分の手にかけて手の甲の一部が壊死してたからね。こういうのを本物って言うんだ。だからミスターキチガイは自称気狂いで実際は大したことないと思ってたのさ。

で、急遽キチガイ氏に連絡とらないといけないことがあってね、メールで「図書館に来てください」って送ったら「いまからいくぞおおおおおおおおおおおおおおうおおおおおお」ってすごい勢いのメールがミスターキチガイから来てて、気がついたら110番押してたよね。

ミスターキチガイあれから会ってないけど元気かなあ。

あ、ワラスボが研究室の忘年会で出たで思い出したのですが、私の所属していた研究室の忘年会は毎年クリスマスイヴに行われるのです。

どういうことか賢い諸君にはお分かりであろう…

キリシタン狩りがあったのだよ。不参加の場合は理由を言わなければならない。

過去の先輩で彼女とクリスマスイヴデートしていたことがバレた人がいたが、2人の写真が載ったマグカップが1ヶ月後に誕生したそうだ。

法界悋気の権化と化していた私は「いい研究所に入ったなあ」と滂沱の涙を流したという。

 

ということで、私はクリスマスイヴにデートをしたことがない。

しないと決めていたルールの中の1つであるが、ここしばらくは出来ない。

「できるけどしない」のと、「出来ない」とでは天と地ほどの差があるのだなと思いつつ、今年のクリスマスイヴは京都をひとりで闊歩しようかと思う。

“有明の王” への4件の返信

  1. ワラスボの干物、体によくなさそうな見た目してるね。
    この前、「女性を落とすなら〇〇!」っていうサイトを見てて、散々スポーツ自慢するならこういう方法がいいとか書いてあるところをスクロールするといちばん下に「何も取り柄がないよ・・・っていう人でも大丈夫!スーツを着て街コンへ!」って書いてあってゾッとしました。
    ところで、滂沱が読めません。

    1. 結局スーツさえ着ておけば良いということなんですね。参考になります(ならない

      滂沱は「ぼうだ」と読みます。

      [ト・タル][文][形動タリ]
      1 雨の降りしきるさま。
      「唯猛雨の―たるを聞くのみ」〈織田訳・花柳春話〉
      2 涙がとめどもなく流れ出るさま。
      「涙―として禁ぜず」〈秋水・兆民先生〉
      3 汗・水などが激しく流れ落ちるさま。
      「馬背の流汗―として掬(きく)すべく」〈鏡花・義血侠血〉

  2. じんぐうじさんはじめまして。(乾く前の)ワラスボ、写真の下に がおーー と書いてあったので、なんだか可愛く思えてきました。割と好きかもしれません 笑

    1. 初めまして。

      ひらがながさらにへっぽこ感を出すトリックです。

      たまにこういう感じのやつ好きな子いますよね。貴重な人材です笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。