平日のお休みでしたよ

  • 今日は休みだった。

早起きしたのにトイレに行って気づいたら寝ていた。起きたのは昼過ぎ。いつもなら非常に罪悪感に包まれるんだろうけど、今日は特に感じなかったのはなんでだろうか。特になにもすることなく家を出たのは午後3時すぎ、これまた最悪のシチュエーションだが別になんとも思わなかった。

「こうすればよかった」と思うからいつも嫌な気持ちになるのだろう。エレベーターを降りながら、そんなことを考えていた。

ほんとは朝マックにいって、ゆっくり温泉に入って、ちょうどよさげなカフェに寄ってランチしながら、コーヒーと共に積読していた本を読破する。ずっと買いたかったソファを探しに、、、なんて充実した休日を過ごしたいのに。いつも考えるからこそ、なにひとつできていない自分に嫌気が差す。

そういう意味では、今日は非常に清々しかった。寝ようと思って寝たし。よーく寝たなと思って家をでた。なんでそういう思考になれたかよくわからなかったけど、休みの日くらい「
まあいいか」と思えたのだろう。ここ数日非常に頑張っていたからかな。休日出勤を
2連続しただけだけど。まあがんばったでしょう。

そんなこんなで軽快な足取りで外出した。穴が開き始めた靴下たちを補充して、なんか職場で着られるラフな格好ないかなあとうろついていたら、早くも日が暮れてきた。いっつもなら不完全な休日を忘れ去ろうと、ここで酒という力を仮に居酒屋なりバーなりに駆け込んでしまうのけれど、こういう心もちのいい日は冴えている。家でカレーでも作ろうじゃないかと思った。

まあ一杯だけ飲んだけど。笑
でも、今カレーを煮込んでいる。

久しぶりに日記でも書いてみようと思ってキーボードをパチパチしていたらすーぐこんな量に膨れ上がってしまった。しゃべるように書くってこういうことなんだろうか。本当はもう少し考えて書いたほうがいいのかもと思ったけど、自分のために書くのだからまあいいよね。

書こうと思ったことはいろいろあったような気がしたんだけど、なんか初めからなかったような気もしているのでそろそろやめます。カレーもちょうどいい感じ。

みんな元気かな。なんて考えながら適当に録画したドラマでも再生しながらご飯食べて、寝ます。そんなとある新人社会人男性の休日でした。

自分ぐらいは自分にとっていい上司でいていいんじゃないかな、というどっかで聞いたセリフを今、めちゃくちゃに反芻しています。いや、本当にその通りだよね。
「おっ、おつかれ、がんばった!がんばったぞ!」って言ってくれる人がいいよなあ。どんな不甲斐なくても、「おっけいだ!」と。

そういえばカレーのルー、間違えて甘口買っちゃってなんか残念な感じー
これに関しては、、、、、まぁおっけいではない。

“平日のお休みでしたよ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。