流石に

皆さん、久しぶりに日記を更新します。

が、友人の結婚式やらなんやらであまり時間が取れないので昔の日記(大学学部生の時)の日記を公開します。当時はシャドーロールという名前で活動していました。

くぼきくんというグルメレポ枠がいるのですが、そんなことはガン無視してグルメレポ過去日記を公開します。

「皆さん、お待たせいたしました。

シャドーロールによるレポートのコーナーです。

2011年、11月3日

私は食のあり方を再考する事件に出くわした。

「シュールにストを起こすレミング~そして集団自殺へ~」

♪♪♪~(ドラクエのテーマを想像ください)

*レミングについてはググってください

11月3日、文化の日。

世界一臭い食品、シュールストレミング。

ノルウェーの伝統料理、ニシンの塩漬けを缶詰の中に封印し、そのまま菌の力をかりて醸した逸品。くさやの六倍の臭さを持つ。発生したガスにより失神した例あり。服に付くとその臭いと色は一生取れない。

以前、フーコーと言う人物が西洋の文化を狂気の歴史と呼んで批判した。狂気を排除して発達していった事に対しての非難の言葉だ。

では、アジア、ひいては日本はどうだろうか。全く一緒の社会構造がそこにはみてとれる。

しかしながら、その選択圧に対して見事に適応してきたキ○ガイ、否、サムライがまだ生きているのである。

臭いもの界の至宝と呼ばれるシュールストレミングを食べてみたい!どんなものを食べて育ったらこんなシナプスが形成されるのか。甚だ疑問符を投げ掛けざるを得ないのだが、そんなシナプスを所有する四人のサムライ達を紹介しよう。

・(たんてい)シャドーロール…自称探偵。言わずと知れた学部ぼっち、大学での親友は机。女子が苦手で彼女ができる気配がなく、親にゲイ疑惑をかけられている。理学部所属。量子力学を勉強しようと大学に入ったのはいいものの、その変な世界観についていけずリタイア、現在は新たな道を開拓中(一部、脳に就いて研究がしたいという噂もある)。特技はプロフィールの記憶。しかし、コミュ障ためか役に立った記憶がない。私である。

・(ゆうしゃ)YUMA…今回、この企画を持ち出してきた張本人のラストザムライ。YUMAとは未確認生命体を表すUMAの亜種という説もある。動物をこよなく愛し、非常に優しい性格を持ち合わせていいる。獣医の卵で、勿論、獣医学部に所属。彼も彼女が出来る気配が無く、彼女を作らないと学費を払わないぞと親に脅される日々を過ごす。

・(けんじゃ)T…シャドーロール、YUMAの共通の友人、というのも三人とも同じ高校である。シャドーロールとは同じ大学だがなかなか顔を合わせない。博識であり、卓越した文才を持ち合わせている。仲間内ではウィットに富んだ発言で笑いを誘ういい奴だが、シャドーロールと同じく人見知りのため学部ぼっち。農学部所属。

・(かくとうか)K…YUMAの弟で2つ下。体育会系の高校に通っており、ガチムチ。殴られたら死ぬ自信があるほどの怪力。テンションが高く、礼儀もしっかりしており非常に優良な人物。この日は高校の寮から帰省していた。プレイボーイらしい。

以上のパーティーで食事会をした。

まだ、あのときの我々はただの食事会だと思い込んでいた。

 

缶を見るとガスで膨れているのが分かる。

まず、買い出しでジャガイモやチーズ、トマト、玉ねぎ、ライ麦パンを購入。

YUMAの家に到着し、YUMAの犬(♀のトイプードル)をいじくり倒す。Cawaii!

期は満ちた。

家のなかで開封するととんでもないことになるので

外に出て、封印を解く。

 

ちなみに食事は下のような格好で行いました。

明らかにヤバイ宗教みたいになってます。

死んだ魚の目でヘッドギアつけててもおかしくない連中。

一昔前に現れた、白装束のパナウェーブを彷彿とさせる格好。

さらにシャドーロールは念を入れて、防護マスクに化学実験用眼鏡まで装着して、通報される、否、戦う気満々で挑みました。

じゃん拳でYUMAが封印を解くことに…

そして、魔界の扉(ゲート)が開かれた…

ファサァー

へへ、全然余裕だぜ。大したことッ…刹那、鼻腔をつんざく鈍い侵略者。

その時、風が止まった。

鼻から入ったそいつは胃の方に行き、胃から内容物を重力に逆らって押し始めた。これは熱力学に反するのではないか。自然界の法則はまだまだ未知なことが多いのである。

シャドーロールが爆ぜた。「アハハハハハ!」笑いが止まらない。

横をみるとTが錯乱して「バイオテロだッ!」と騒ぐ。

「ウアアアアアーー」Kも野獣のような雄叫びをあげた。

魑魅魍魎が跳梁跋扈する阿鼻叫喚の地獄絵図がそこには展開していた。

が、YUMAは平気そうな顔をしていた。

彼は、獣医学専攻、あらゆる動物の解剖をした彼にとって食品ごときでは狼狽えない。

たちまち周りには何十ものハエが集まり小さなアフリカがそこには出来上がっていた。

例えるなら、下水の強化版のようなフラグレンス。

私は朦朧とする意識の中で論理を脳内に組み立てた、臭いはこんなんだけど食品だから、きっと美味しいのだろうと。U=K・S(U:旨さ、K:係数、S:臭い)謎の公式が脳内に出現した。

ほんの僅かな量をパンにはさんでトマトとチーズと一緒に食す。

はむっ……

もしゃもしゃ

……。……………。ッ!?

う、う、ウギャアアアアアアアアアア

悪魔…悪魔の汁が舌を犯した。口の中に立ち込める臭気。これを発明した人の狂気。人間の悪意を凝集した濃厚なフラグレンス。

オエエエ

ポリバケツに口腔のガーディアンが悪魔を押し戻した。

涙目でこう言う「そろそろ、昼御飯にしない?」

その後食べたロッテリアのハンバーガーは生まれてきた中で最も美味なハンバーガーだったということを記しておく。

その時、脳内に神からの詔を受け私は気づいたのだ。

シュールストレミングは食べ物を粗末にしちゃいけないってことを教えてくれる食品だったのだ。

普段、文句をいいながら食べている学食がどんなに美味しいか、母が作るマンネリ化した料理がどれだか有り難いかようやく気がついた。深甚たる感謝の念をここに表することにする。

母さん、いつもありがとう。

私は一閃の塩化ナトリウムを主成分とした液体を眥から流した。

暗黒のランチのあまりの臭気のためか、近所の人が様子をうかがいに出てきた。そして臭いのためかすぐさま引っ込んでいった。

ただ、食欲大勢な男子4がかかっても缶詰め一つ片付かない(私が少食であることはここでは考慮にいれないことにする)。

この臭気を家に持ち帰るわけにもいかない。我が家にバイオテロを仕掛けるも同値である。

よし、これは食の神様へ生け贄として捧げよう…

シャドーロールはメラを唱えた。

ティロリーン♪

(燃やしました)

そのあと、この臭いの成分を皆で調べて、スルファミドがうんたらかんたらと議論したのち、温泉に行って解散。

これが、サムライの生き方たいッ!!

日記は唐突に終了します。

*シュールストレミングは一缶5250円します。安易な気持ちで購入するのはお止め下さい」

さて、これから結婚式だー!(京都駅にて)

“流石に” への6件の返信

  1. 水の中で開けて、スピリタスで洗うと食べれるって聞いたことあります、また食べる機会があったらやってみてください笑

    1. Yumaが完食できなかったことを悔しがってもう一度食べたいと言っているんですわ…

      しかし、私アルコール超弱い

    1. 初めまして神宮寺です。

      いやいやいやいや、インパクトのあるもので書くのは簡単です。
      日常で何気なく食べるものを描写して読ませるというのは誰でも出来る芸当ではございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。