制約と契約

何にでも制約があるほうが面白い。サッカーは手が使えないから面白いし、テニスは定められた枠の中でやるから面白い。行動の制限は、不都合や不利益ばかり生むように思われがちだが、逆を言うとそれこそが素晴らしい。

限られた範囲内でなんとかしようとするから、サッカーではスーパープレイが生まれる。手が使えないのを何とか克服しようと、異常に足技を磨く。それがサッカーの醍醐味なんだ。断言できる、制約こそは最高のスパイスなんだと。

これは何もスポーツに限ったことではない。日常生活においても言える事だ。私は普通に社会生活を営む上で3つの制約を掲げて生きている。

1.ミスタードーナツには行かない。

2.スタバには行かない。

3.プリクラは撮らない。

この3つの制約は、私の生活をとても面白いものにしてくれる。餓死するほどに空腹、周りには何も無い。そんな状態でミスドを見つけても私は絶対に入店しない。砂漠の真ん中で乾き、死にそうな時にオアシスを発見する。オアシスにはスターバックスコーヒー砂漠店があった。でも私は入店しない。その場で乾き死ぬ道を選ぶ。法律が改定され、プリクラを履歴書にはることが義務付けられた。それでも私はプリクラを撮らない。

こうした絶妙な制約が私の生活をスリルめいたものに変えてくれる。出先で飢餓状態にならぬよう、乾かぬよう、そんな法律が出来ぬよう政治に関心をもつ必要があるのだ。緊張感張りつめた社会生活。なんて素敵なのだろうか。

なんていうのは詭弁で、実際のところは怖いんです。未知なる物が怖くて仕方が無い。

一度も足を踏み入れたことの無いミスタードーナツが怖い。入ったらワンコソバのように死ぬまでドーナツを食わされるんじゃないか、恐怖でたまらない。

得体の知れないスタバが怖い。入ったら、体を束縛され身動きできない状態にさせられ、変なジョウロみたいなのでクソ熱いコーヒーを死ぬまで飲まされるのではないか。怖くてたまらない。

得体の知れないプリクラが怖い。行ったら、ラッパーのできそこないのゲームセンター店員やらが椅子に拘束して撮ったプリクラを悪用するのではないか。

まるで子供のような理由なのだが、本人は真剣で、本当にこれら3つの制約だけは守っている。ミスドには行かない、スタバには行かない、プリクラ禁止。これさえ守っていれば私は安心なんだ。

しかし、私自身は安心でも社会的には許されない。立派な大人が「ミスド怖い」「スタバ怖い」「プリクラ怖い」ではやり切れないものがあります。いい年こいて「茄子が嫌い」とか「ケーキはイチゴが乗ってなきゃ嫌」とか駄々こねてるのと変わりません。

というわけで、私は立派な大人として、これらの三項目を制覇していきたいと思う。

早速なんですが先日、一人でプリクラを撮ろうと思ひて、ゲーセンに足を踏み入れたり。

そしたら「男性のみのご入場はお控えください」と男女平等という概念をレイプしたような文面が張り付けてあるではないですか。

私が男版田島陽子的マインドの持ち主ならば、その場で発狂して看板にキャラメルクラッチでもかましているでしょうが、そこはいい大人なので踵を返して帰りました。

特に面白いオチはないがここで終了だ!

皆さんは何か自分に課しているルールはありますか?

 

空が灼けているよ、ハニィ

祭りだ!祭りだ!マツリダゴッホ!!

唐突に有馬記念優勝馬の名を言いつつ、今日もダーリンはじめるだっちゃ!☆彡

そういえば一回目の投稿で自己紹介らしい自己紹介をしていなかったので自己紹介をしたいと思う。

そもそもよしだ君との関係が気になっている人が多いと思うので、簡単に説明すると彼とは「勇気ある知識人」という共通項で繋がっているソウルメイトである。実は同じ高校を卒業している。彼との関係はこの辺にしておく。

ここかからは自己紹介として私の好きなものを語っていこう

①読書

いつの間にか私のささやかな楽しみとなった読書であるが実は昔から読書が好きだったわけではない。国語の教科書で読書感想文を書くくらい読まなかった。

本を読み始めたきっかけは大学生2年の時の話に戻る。当時、同じ学科の女の子がいつも教室の端っこで一人で本を読んでいたのを見かけた。憂いを帯びた佇まいに、窓から差す日差しによって長い睫毛が本にひっそりと影を落とす。キャンパスに舞い降りた過ちの天使(エンジェル)。私にはそう見えた。

その白皙の令嬢と何か共通点が欲しい、それが読書を始めたきっかけである。大変不純だ。

しかしながら、読書という行為は「彼女」という対象とは無関係に、いつしか私の生活の一部となった。

安価に生活に潤いをもたらしてくれる芸術作品。

音楽は或る瞬間に旋律が鼓膜を震わせ、次の旋律が流れていく。ある曲はどんな曲と聞かれたときに、音楽のある瞬間、一部の音を切り取って「これがあの曲です」とできないのが音楽という芸術作品の特徴である。

一方、本を読んでいる瞬間瞬間のイメージが脳内に桃源郷のように流れる。そしてまた新しい場面が脳内に流れては消える。ここは音楽と同じだ。しかし、読了後に作品の全体像が脳内に完成している。これはたいへんに面白い読書の性質だと思う。

音楽も読書も、その瞬間を感じることができるのが快感である。生きている感じがするのである。

②科学

どうしてだろう、この学問は神へ挑戦を意味している。

この世の中を創造した神様がいると仮定する。

我々は我々が一体何者なんだろうか言うことを意識的にあるいは無意識的に問いながら生活を行っている。そして、我々が生きるこの世界は一体どういう法則に則って動いているのか。

それを創った神様の御心を知りたいのである。

最も多くの人を納得させる幻想を提示する人間の営みが科学なのである。

………..

なんなのだ!この新聞より笑いどころのない記事は!

出だしとメインのテンションの差がすごいよハニィ!!

まだまだ好きなことあるけど、今日はこの辺でさらばじゃいい!(寝たい)