気使わないでね

「シェアハウスのことが、信じられない」
現在の私の住居について説明したら、言われた。
「他人と一緒に生活するなんて私には無理だ」

私は逆に、「自分ひとりで生きていくことは無理だ」と言う。
そうしようと思えば一人暮らしだってできなくはないだろう。たった1ヶ月の間のことだけど、完全な一人暮らしをしていた。
その間に妹や友達が遊びに来てくれた。職場で気の合う話し相手を見つけた。それがあったから私はなんとか生き延びることができたんだ。

他人と関わりながら生きていることと、一緒の家で生活することは、全く別次元の話だったかもしれない。
私がひとりで生きていくことに不安を感じるのは、他人と付き合い始める方法がわからないからだ。一人暮らしを始めた時、誰ともしゃべらない毎日に閉じ込められてしまいそうな気がした。

ハウスメイト。友達。姉妹。家族。職場の人。そういった名前で表される関係性では、安心できない。
同じ職場で働いていること。血の繋がった姉妹であること。友達であること。それらは私と他人を結びつけてくれるかもしれない。でもいったん職場を離れれば、仕事でのつながりは消えてしまう。毎日顔を合わせるわけではない妹や友達に、私は話しかけるきっかけをなかなか見つけられない。
みんな自分の生活で忙しいのだろうなと思う。

じゃあ、生活の一部をシェアしたら、私は相手のことを信じられると思う?
答えは、ノーだ。
父と暮らすのに我慢ならなくなって、私は家を飛び出したのだから。一緒に暮らしてさえいれば誰でも心を許せるというわけでもない。
ここにいてもいいの?
時々、不安になってしまうんだ。
そういう時私はふらふらと外へ出る。あてどもなく散歩に出かける。歩き続ける…。

ひとりの時間も大切だけれど、本当は、誰かにかまってほしくてしかたない。それでいて誰にも気を使わせたくない。
例えば、半分こして食べるごはんだったり、ニュースに対する感想を聞くことであったり、あるいは描きあげたばかりの絵を見せること。どうでもいい話で笑い合えること。そういうのを私は信じたいのだろう。隣にいてもいいんだって。

理想は、お互いを気にかけあっていることだ。同時に気を使いすぎてもいけない。そのバランスは目に見える形ではわからない。だから、目をつぶったまま他人の懐に飛び込んでいくしかないんだ。
初めのうち、私は文字通り崖から飛び降りるような気持ちでいた。今も人の心なんて目に見えないのは同じだけれど、前と比べたら少し慣れてきたんじゃないかって思う。いろんな人が私のことを受け止めてくれたおかげだ。それと同じくらい、いろんな人が私のところに飛び込んできてくれたおかげだ。

「そういえば昨日、会社の休み時間にブログ読んだよ」
それを聞いて、とてもとてもびっくりしたんだ。誰にも読まれていないつもりで書いていたからね。すごく嬉しかった。すっかり忘れていた頃に誕生日プレゼントをもらったみたいに。私の知らないところで、私の文章を読んでくれていたんだなあ…。
一緒に生活するかどうかが大事なんじゃなくて、お互いを大事に思っているかどうかなんだよね。生きる時間をシェアしたい。

“気使わないでね” への1件の返信

  1. このサイトがはちまきの生活に何らかの価値を生んでいると知って嬉しくなりました。これららもよろしくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。