当時のミックジャガーをこう語る。

こんにちは、よしだじゅんやです。

 

僕は先のことを考える能力が低い。先のこと、というのは未来のことや将来のことだ。

「僕は将来のことを考えるのが苦手だ」

なんだそれはと思う。将来とか未来ということばを使うと、急にチープなホームドラマみたいな雰囲気になる。僕は将来や未来という言葉が苦手だ。嫌いと言ってしまっていいかもしれない。

“当時のミックジャガーをこう語る。” の続きを読む

僕が芝生に求めることと、芝生の目的について。

こんにちは。よしだじゅんやです。お久しぶりです。僕は元気です。毎日お弁当を持って芝生にいき、大好きな曲を聴きながらご飯を食べる生活を送っています。そして、どうしたらモテるんだろう、と芝生の上で考えて静かに涙を流す日々が繰り返されています。

“僕が芝生に求めることと、芝生の目的について。” の続きを読む

ボクサーは素人を殴らない。

こんにちは、よしだじゅんやです。

 

「いいなあ」が人よりも多い人間だ。僕はよく映画を観たり、面白い話をきくと、よく「いいなあ」と漏らす。そのたびに、もっと正しい言葉をつかって、そこに存在する「良い」の輪郭を正しく言葉で表現しなければという衝動にかられる。けれど、それは思ったよりも難しい。どのような言葉をあてはめても、なんだか嘘をついているような気がする。その「いいなあ」の衝動と、表現欲と、自己嫌悪は僕にとっての宿命だ。

 

“ボクサーは素人を殴らない。” の続きを読む

日本酒がうまい。

ぜってえガチで生きる。あと日本酒は本当にうまい。たまに恐ろしく感動する日本酒とめぐり会うことがことがある。僕は言葉を失ってしまう。20のときに巡りあったドゥシャスドブルゴーニュに感動して周りが引くくらいベルギービールに熱狂していた。あの当時の新鮮な感動を日本酒に覚えるのだ。みんなマジで日本酒を飲みにいこう。変態が勤めるバーに行こう。酵母についてあつく語ろう。高3くらいの化学の知識が必要だから復習してきてくれ。じゃあな。