家探しのイロハ

家探しのとき、いちばん譲れないものはなに?オートロック?バストイレ別?システムキッチン?浴室乾燥機?

わたしはね、絶対に【駅チカ】はゆずれない。

というのも、まえのアパートがあまりにも駅から遠すぎたから。

 

名古屋に住んだのは想定外のことだった。関東圏にある某国立大学に行く気満タンだったから、その大学の周辺ばかりで家を探したり予約したりしていた。

そしたらね、恥ずかしい話だけど落ちた。滑った。すってんころりん。センター試験の数学でつまずいたのが響いたようだった。

で、急遽名古屋の大学を受けることにした。

・情報保障制度(講義内容の文字おこしなど)がある

・メディアと宗教学を専門にできる大学

この2つの条件に絞って慌てて探した大学を慌てて受けた。だから家はまったく検討していなくて、やっと進学先が決まった頃には空室が残っていたアパートが大学から徒歩20分のレオパレスしか余っていなかった。

 

そしたら、それがあまりにも駅から遠すぎた。市営地下鉄の駅から徒歩40分。リニモに乗っても徒歩30分。

アルバイトは栄のスタバしか受からなかった。だから栄までチャリの時間も含めて1時間近くかけてほぼ毎日通った。一ヶ月間の交通費が笑えちゃうほど高かった。

でね、なにが最悪かっていうと、雨の日はチャリに乗れないから徒歩で帰宅することになる。40分かけてね。忙しくてクタクタでも、40分歩かなきゃいけないことに毎回絶望した。

嫌になって数週間ほど栄のネカフェに住んだこともある。あの家はあまりにも遠すぎた。

だからね、次に引っ越すときは絶対絶対に絶対に死んでも【駅チカ】にしようと決めたわけです。いくらオンボロ物件でもワケアリ物件でも【駅チカ】ならなんでもいい。

 

それは有言実行になりそうです。只今、博多駅から電車で15分ぐらいの駅、しかも徒歩5分圏内のいいおうちを契約中。

いいぞいいぞ、いくら酔っ払っても疲れててもお家に帰れる。最長1年しか住まないのがとても残念なくらいに、いいおうちだ。たのしみだなあ!

“家探しのイロハ” への4件の返信

    1. ベトナムのメコン川に行ったとき、目を引いたので撮った果物です。ランブータンっていうんだ、、、

よしだ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。