[7ヶ月の蝉]

 

 

–彼は愛を残してもらったらしい。

 

 

 

 

間違いだらけの世界から、
君は先に居なくなった。

「いい子だね」と言われ育った、
周りの褒め言葉から僕は生まれた。
何不自由無い暮らしと才能に恵まれ、
僕というものは退屈を覚えた。

雨宿り駄菓子屋、軒先の水溜まり。
自分を踏んで遊ぶ君に出会った。
そんな梅雨の季節。

紫陽花は咲き乱れ、牡丹色から若紫へ。
「涙は弱いアルカリ性なの知ってた?」
君は笑う。ただ笑う。見上げ空に浮かぶ雲。
夏の始まり。

「蝉はぼくにとてもよく似ているよ」
君は言った。
「どんな風に似ているの?」
僕は問いた。

「蝉は7日間で愛を探すらしい」
「ぼくは7ヶ月間で愛を探してるんだ」

漆黒に染まった天井を飾る花弁は、
君よりも蝉よりも命はとても短くて
でも他の何よりも煌めいていたよ。
君と見る百越す散る花弁、響く爆音。
秋が、来る。

若緑はやがて芥子色と栗色と焦茶に
僕はやがて君という存在と君の愛とかに
染まってく。

「ぼくは愛を見つけても見つけなくても」
「7ヶ月間しかない。仕方が無いよ」

お願い神様、どんな理不尽も不条理も、
受け入れてみせるから。
君だけは。居なくならないで。
ふと涙は弱いアルカリ性を思い出した。

煤色になった欠片を寄せ集めて、
猩々緋の種を付けましょう。
種は育ち、深緋の花になり、やがて散る。
鮮やかなものは銀色に埋もれた。

間違いだらけの世界から、
君は先に居なくなった。
跡に残るは胸に残るは
君がくれたこの愛だけ。

季節は巡り、寄らなくなった駄菓子屋。
軒先の水溜まり、ふと思い出す遊び。
自分を踏んで自分を否定してそうして、
君だったものは自由に生きていたね。

雨なのか涙なのか僕もわからなくて
「涙は弱いアルカリ性なの知ってた?」
「アルカリ性で紫陽花は紫になるよ!」
紫陽花は咲き乱れ、牡丹色から若紫へ。
また夏は始まる。

 

“[7ヶ月の蝉]” への5件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。