歩くことができる

「僕は歩くことができる。この事実は、紛れもなく重要なことだ。」

 

以前から膝を突き合わせて話してみたかった先輩は、進路に悩むわたしの友人にこんなことを言った。

「君だって歩くことはできるだろう?それでいいんだ。」

友人もわたしもピンとこなかった。

 

今日、箱根山の麓を運転していたら、この言葉をふっと思い出したのだ。

気が向いたので、この言葉についてもういちど考えることにした。

 

わたしは就職活動のとき、こんな質問をたくさん受けた。

「耳が不自由とのことですが、なにができないのか教えていただけませんか?」

ぶっちゃけ、わたしはこの質問が苦手だった。聞こえないことを否定されているような気持ちになる!というような野暮な理由じゃないよ。ただ、何を答えたらいいのかわからないだけなんだよね。

だってさ、正直にいって『直接的にできないこと』って「音を聴くこと」としか答えようがないんだもの。例えば、受話器を耳に当てて聞き取ることは当然できないけど、電話の内容を理解することはできる。それに、メールを送って取引先とやりとりすることでもできる。

できないことがひとつやふたつあったところで、それが直接的に仕事や人間関係に影響をきたすことはない。それはきっと障害者に限らないよね。視力がよくなければメガネをかけるし、幼い子供がいれば定時までに仕事を終わらせる。

「歩くことができる」だってそう。「耳が聞こえなくても、歩いて情報収集をすればいいじゃない!」って解釈もできるよ、ってことなんすよね。

 

わたしはあまりにも心が狭かった。人の「できないこと」にしか目を向けず、非難をすることも少なくなかった。自分の不甲斐なさに気が滅入る一方だ。

ということで、2019年の抱負は『尊』にしよう。自意識過剰で傲慢な自分の性格を簡単に直すことはできないけど、相手より前に出ないようにすることはできる。

できることなら、相手に尊敬の念を直接伝えたい。わたしはなぜだか、褒めることと褒められることがとても苦手で、あまり人を褒めることをしない。だからか、たまにめずらしく褒めると「皮肉ってる?」と返ってくるのだ。もっと尊敬の念を伝えることを当たり前にしたいなあ。

ここまで読んでくれたみんなありがとう、忍耐力がなかなか強いね。・・・あれ、これも皮肉っぽい?

“歩くことができる” への1件の返信

よしだ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。