スタバ日記②

ハロー!今日も元気に9時間シフトです。客足が止まらないのはとてもありがたいけれど、ドアの外まで並んじゃってるよ。寒くないのかな?店員ももちろん疲れてるけど、お客さんのほうも大変だね。凍えてまでゴマゴマゴマが飲みたいか。そうかそうか!おねえちゃん気合い入っちゃうぞ。

さて、昨日のダーリンでお客さんのパターンを解説したので今日は店員のほうを解説します。

 

①節電バリスタ

レジ打ちのときも商品作りのときも無表情。とにかく無表情。いっしょうけんめい。動作が丁寧。スプーンを決してカップの淵にぶつけたりしない。洗い流すときもミルクの一滴まできちんと洗い流す。なんてすばらしいの。ちょっと無愛想に見えるけれど、レシートや商品を渡すときにはにかむんだよねこれが。やだ、ちょっと見てよ!あのお客さんの心臓を鷲掴みにされた顔!

 

②TDLキャストバリスタ

横澤夏子がよくやるオーバーリアクションなショップ店員。あんなかんじ。「あっ!ラテ一点ですね〜。」という一言の間に3回ぐらい眉毛が上下する。手も空中をひらひらしている。「あら!かわいい赤ちゃんですね〜!」ってお客さんを喜ばせる天才。ずっと笑顔だしすごい。ところがどっこい、このタイプはバックルームに下がるとスッと無表情になっちゃうのが愛おしいんだなあ。ガンガン食器をぶつけたり乱雑に扱っちゃうのも好き。

 

③AIバリスタ

マニュアル通りのことをスマートにこなす紳士。ちょっとエラが張った男性にありがち(偏見) お客さんからしたらきっと安心感No.1だろうね、何を聞いてもコンパクトに返ってきそうなんだもの。話すときはロボットのようにパクパクパカパカ口動かしてるくせに、お客さんの話を聞くときに限ってはめちゃめちゃとろけそうな微笑みを魅せちゃう。すてき。惚れてまうやろっ、、、

 

④ナイチンゲールバリスタ

わたしがお客さんだったら最も緊張するパターン。客としてメニューから商品を選ぼうとしていると、後光が差していそうな微笑みでこちらを見下ろしてくるバリスタ、いるよね。いるよね!?自分の体に穴があいちゃうよ〜〜って焦っちゃうよね。そういう人って、やっぱりプライベートでもおっとりしているんだよ。慈悲深い心をお持ちなので、仮病を伝えるならこの人。だめか。

 

ちなみにわたしが心の底からすげー!って思うバリスタはやっぱり店長です。やばいよあの人。ぷくぷく太ってるくせに、レジに立てばもうどんなお客さんでも友達になっちゃう。どんな魔法使ってんの?包容力の神様。例えるならベイマックスかな。いかついおじちゃんですら、抱きしめられたくなっちゃう存在だと思います。たぶんね。

ところで、ななこはアイドルバリスタです。CDご購入の上、ご来店お待ちしています。握手会でもチェキ会でもなんでもします。今日は2人にラインのIDを渡されましたが、わたしはみんなのアイドルなので誰のものにもなりません。たぶんね。

“スタバ日記②” への1件の返信

よしだ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。