タピオカ見聞

あちゅらです。

昔よしだくんからタピオカについて書いてって言われたのを急に思い出して書きました。

ついこの間まで

タピオカ三次ブームなるものが来ていたらしい。

一次ブームは「ココナッツミルク」と共に。

二次ブームは「ミルクティー」と共に。

そして三次ブームは

タピオカミルクティー進化版

「タピオカドリンク」がブームになっていた。

こんなに何世代にも渡り「タピオカ」の存在がひとりで歩いているのかと思うとちょっぴり胸が熱くなる気がしなくもない。

タピオカ #とは

イモのキャッサバから製造したデンプンの塊。

一次ブーム時は白いタピオカがメインだったが、二次三次は黒いタピオカパールがもっぱらメイン。

タピオカパールの黒くて丸っこい見た目のせいで一部のタピオカアンチからは「カエルの卵」だの、見た目がとにかく不気味だと言われているタピオカ君。

だがしかし、時代のトレンドに合わせて姿を変えている君はなんとも一途で健気なのだろう。

黒蜜に絡められ、てかてかと黒光りするムチムチボディ。ああとても魅力的。

過去にTwitterで #タピ評価 というタグを作ってまでタピオカ感想ツイートを並べていた時期もあったが、

実はあちゅらは元々「タピオカ嫌い」だった。

好きだったものを嫌いになるのは、

そう時間はかからないことなのだけど

嫌いだったものを好きになるのは、

ものすごく時間がかかるものだ。

そういうわけで、

長い間タピオカアンチではあったものの、美味しいタピオカと出会ってからちょっとね、タピオカ好きになっちゃったのよね。

その美味しいタピオカは「ジアレイ」です。鹿のマークだよ。わかりやすいね!みんな飲んでね。

あちゅらは甘すぎるのが苦手だからいつも甘さ控えめで飲んでるよ。

中国茶×タピオカおいしい。

人生あるある”何が起こるか分からない”

そもそもなんでタピオカ嫌いになったのかというと、二次ブームの「タピオカミルクティー」の時にメチャクチャまずいタピオカを味わったから。

あの時のタピオカはゴムの味だった。

たまたまハズレを引いただけなのかもしれないけれど、なんかムチムチしてなくてなかなか噛みきれず噛めば噛むほどまずくなる一方でなんかエグミがあった。

今思うとあれは本当にタピオカだったのかすらも謎。

今のタピオカは改良されて美味しくなったのか、あれがタピオカの本来の味だったのかは謎。さてはて。

話は変わるが、

時代は時に「効率性」を過度に求める時がある。

ポーカーをしている時に片手で食べることのできる料理、いわゆる「サンドイッチ」が生まれたのと同じように、タピオカも効率性を求めすぎたが故に生み出された食べ物なのではないか、と思う。

「〜ながら」のキーワードが最近のトレンドらしい。

ただ水分補給するだけならドリンクで良いのだが、タピオカは、歩きながら、水分補給しながら、食べることが出来る、「ながらデザート」の代表的存在といっても過言ではないか。

そんな「ながらデザート」が出来るからこそ時代の最先端を走っているJKに受け入れられやすかったのかもしれない。

実際にメチャクチャ腹持ちは良いし、カロリーもラーメン一杯分と揶揄されるほど割とある。

ちなみに戦中はしばしば米の代わりにタピオカを食べていたという記録もあるらしい。ほんとか。

そんなカロリー増し増しのタピオカ。

ご飯を食べた後に〆としてタピオカを飲むとかなりおいしく感じるのでオススメ。

さんざん飲み歩いて、お酒に合うおつまみをたらふく食べた後に、〆はやっぱりラーメンだよね、と言いながらラーメンをほおばるようなあの幸福感がタピオカにも同様にあるように感じる。

オススメのタピオカ↓

タピりたい。ああタピりたい。タピりたい。

収拾つかなくなっタピオカで〆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。