inri

鎌倉での仕事を終えて夕方、

折角なので、と由比ヶ浜へ向かった。

日暮れの海にもぽつぽつと人気(ひとけ)はあって、

風にあたっていると、

遠くで笑う女の人達の声が、

さっぱり明るく心地よかった。

 

温かいものでも食べて帰ろうか、

 

そう言われて入ったのは近くにあったタイ料理屋で、

ほかほかと白い湯気をあげるトムヤムクンは、

ココナッツミルクの甘い香りがした。

エビの殻を丁寧に剥きながら、

アンパンマンはザンゲした。

 

ーなんにもしなかったんだよな、親らしいことはなにも。恥ずかしいことだけど、一緒に過ごした時間も殆どない。

ー親らしいことってなんですか。そんなものあってないようなものでは。

ーそうかもしれない。でも俺が彼(息子)のためにやったことは本当に少ない。

ー例えば?

ー大学までの金だけは工面した。それだけ。それを彼がどう捉えているかは、分からない。望まれていたかすら、知らない。

 

アンパンマンはコクハクした。

愛すべき人を振り回して傷つけてきたと。

自分もまた傷ついてきたと。

名を揚げては裏切られて妬まれて、

それでもまだまだ淋しくて、

人に頼られたくてたまらない。

まだ愛されたくて、たまらないのだと。

ほうなるほど。

ジャムおじさんもバタコさんも失った世界で、

贖罪か誇りか、

そのために身と心とを削っては配り歩き、

世に憚らんとすそれか、憎まれっ子よ。

アンパンマンはザンゲする。

私はそれに耳を傾ける。

こんなにもしおらしい顔で、

甘い香りのトムヤムクンをすすって見せる。

まるきり信じたり、するものかね。

 

あなたはまだ、憎まれたがっている。

こんなものでは飽き足らず、

壊されたがって、うずうずしている。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。