こわさを忘れる

余裕がほしいとずっとずっと思っていた。
空の星をつかむような願いだったのに、気づいたら叶っている。嬉しい。

今ではなんでもないことだけど、初めて1人でスタバを利用した日というのがあったのだ。注文するのも食べるのも、何もかもが怖かった。サイフハモッテイルカ。テンインサンハナニヲイッテイルノ。ワタシ、ナニカマチガエテイナイ?

ひとりで電車で出かけるのも怖かった。お金が足りなくなってしまうんじゃないかって心配した。何度も往復して通い慣れたルートであっても、時間に間に合わなくなってしまうのが心配だった。

人と話すのが怖かった。言われたことがわからないし、何をいうべきかわからない。誰とも話さず1日を終えられるように、学校では息を潜めるようにして過ごした。

どこかに出かけるのだって、誰かと話すことだって、できれば避けて通りたかった。もっと余裕があったら上手くできるはずなのに。子どもの頃はとにかく気が小さかった。
そんな自分を変えたいと思い続けて20数年。一朝一夕でできた余裕ではない。
大人になった今は、自分の手足に、自分の口に、安心して任せておける。

財布オッケー。履歴書オッケー。 時間通りにでバスに乗り、迷わず目的のバス停で降りた。聞かれることも事前に予習済みだ。
気づいたら知らない人とにこにこしながらしゃべってる。緊張しないわけではないけど、肩の力がふっと抜けた感じ。
うまくいかないならそれはそれで仕方ないと思う。世の中、思うようにいかないことばかりだ。自分の言葉も、自分の体も、他人がどう評価するかも。そんなことで悩んでもどうしようもないじゃないか。諦観。
子どもの時の方がもっと一生懸命生きていたのかな。

違うな。
「もうどうにでもなれ」という投げやりな態度とは違う。自分の人生がかかっている、大事な面接だ。
こう見えて余裕を作り出すのに、一生懸命なんだよ。微笑むことも、しっかり声を出すことも、言われたことが聞き取れなかった時に聞き返すことも。自分を見失わないようにあらゆる手を打っている。
運とか巡り合わせのような自分の力ではどうにもならない要因もあるけれど、なんとかチャンスを引き寄せたい。欲が人間を打算的にさせるのか。
できることを全てやった後でなら、どんな結果でも受け入れられる。

頭に余裕があるといろんなことを考えるものだ。質問されてから答えるまでの短い間に目まぐるしく思考が巡る。
挨拶の仕方失敗したかも。椅子しまってからお辞儀するべきだったな。次同じような場面にあった時に備えて、椅子が重くて動かしづらい時の動き方を頭の中でシミュレーションしておく。
「面白そうだと思ったから」こんな答えでいいのかと迷ったけどやっぱりあれでよかった。ちゃんと伝わっている。私が大事だと思っていることが、会社にとっても大事なのかもしれないとわかった。その瞬間、ビビッときた。
「ぜひ入社したいです」アピールをもう少しできたらよかった。慎重になりすぎたな。いつ言おうかとタイミングを待っていると、結局機会を逃してしまう。
あーあ。

ついこの間までは「自分の言いたいことをちゃんと言う」というのが、目標だった。言いたいことを言うだけではまだ足りない。「相手の心を動かすこと」が次の目標かな。
もう怖くもなんともない。
望みがでかくなった分、それに合わせた余裕がいる。Stay hungry, stay foolish.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。