理性と感情について2

 

昨日の文にあまりにも疲れが滲み出ていたので、昨日の僕のしりぬぐいをしよう。

例えば、街頭でティッシュを配っている人がいます。知っての通り、ほとんどの人があれを受け取りません。僕もサンプリングのバイトをしたことがあるからわかるのだけれど、良くて5人に1人もらってくれるくらいだ。
ティッシュがもらえるというメリットがあり、それに対するコストが0なわけですから、どう考えても自分のためを思えば、ティッシュをもらうほうが良いわけです。なんであのティッシュ受け取らないのかしら?と考えてみて。

“理性と感情について2” の続きを読む

理性と感情について1

今日こそ最後まで書き切ろう。感情には感情をという話を書こう。よしいくぞ。

僕は大学2年生の10月から4年の10月までらくだ書店でアルバイトをしていた。らくだ書店は今年で22年目?になるまあまあの老舗書店で、ジュンク堂や三洋堂書店みたいな大型店舗には劣るが、そこらへんの個人経営の書店よりかはまともな書店だった。で、僕がアルバイトを始めてやめるまでの間に「経営が悪くなる一方で」という話を嫌になるくらい聞いた。実際のとこどうやねん。と気になって売り上げの推移をみせてもらうと一ミリも笑えない感じの状態だった。推移を示したグラフは、幼稚園においてある傾斜が緩やかな滑り台みたいな形をしていた。

“理性と感情について1” の続きを読む

孔子の言葉に従う。

ワインショップエノテカという店が名古屋栄ラシックの一階にある。僕みたいな貧乏学生でも首根っこをつかんで追い出したりしない。僕の予算を聞いたうえで親切にワインのリコメンドをしてくれる。今日は午前11時に足を運んだ。

エノテカは店頭でもワインをカジュアルに飲むことができる。僕がショップに入ったとき、店先でシャンパングラスを片手に読書をしている中年男性がいた。グレーのニットの上から真っ赤のダウンを羽織っていて、ブルージーンズにアディダスのテニスシューズを履いていた。たぶん休日なのだろう、男性からは適度にくたびれた印象があった。

“孔子の言葉に従う。” の続きを読む

AIというマジックワード

今日は親友のななこちゃんが文章を書いてくれた。前から彼女に文章を書くお願いをしたかったのだ。その願いがこうして形になって本当に嬉しい。どう、もう読んだ?

https://mydarling.jp/archives/111

俺はね、背筋が伸びたよ。普段ものすごい猫背なんだけれど、めちゃくちゃ背筋を伸ばしてスマホの画面をじりじりとスクロールしたよ。生活と文章が密接に結びついた文は素敵だよなあ。

“AIというマジックワード” の続きを読む

ハゲについての話をします。

今日はまったく意義のない文章を書く。もし今日の文章に意義があるとすれば、それは「意義の含まれない文章」ということだろう。さあ、いこう。

最近髪の毛のことばかり考えている。去年の夏、美容院の帰りに美容師がおそるおそる僕に近づいてきた。そして「これを毎晩つけな」と円柱状のものを手渡した。なんだろう、ワックスかなあとあたりをつけてラベルを確認すると、そこにはしっかりと「育毛剤」と書かれていた。この話は2017年の鉄板の笑い話になった。twitterに載せると小銭のようなファボが稼げたし、初めて会話をする人との距離を縮めるのにとても良い役割を果たした。まじでハゲの乱用である。

“ハゲについての話をします。” の続きを読む

生きるために、書く

こんにちは。吉田です。クラプトンの隣にいる男です。

長く生きていると、いろいろと面倒が多い。ふいに思い出す過去や、瞬間的なひらめきや、未来への希望とか、清算しないといけないことばかりだ。
参ったことに、それらはいつか、どこかで、ちゃんと時間を作って向き合わないといけないのだよな。じゃないとどんどん固くなって深くに沈んでしまうんだ。わかるかなあ。

“生きるために、書く” の続きを読む