昼寝したときに見た夢の話を書いてみました

 

 

 

 

「お待ちしておりました」あたり一面黒に覆われている中、一枚だけ白い質素なドアが立っている空間でわたしはその声で意識を取り戻した。

顔をあげるとドアの前に何かが立っていた。それは軽く咳払いをした。だんだんとはっきりしてくる視界でその姿を捉えることができた。‥‥ふたつの足で立っている白いうさぎだった。執事のようなタキシードを着ていた。

「ようこそ、世界夢旅行へ」「どういうこと?」喋りだすうさぎにわたしは思わず突っ込んだ。 “昼寝したときに見た夢の話を書いてみました” の続きを読む